新しいお葬式のかたち「お別れ会」とは

お別れ会とは?

お別れ会とは?の写真

最近では葬儀の在り方が大きく変化しています。
身内向けと仕事関係者など友人・知人向けのお葬式を分ける動きがみられます。
この友人・知人向けに開催されるのが「お別れ会」で葬儀の形態の一つです。
「偲ぶ会」など、別の名称で呼ばれる場合もあります。
特に決まりのようなものもなく、自由なスタイルで関係者が揃って故人への思いを馳せることが出来ます。
特定の宗教や宗派の影響の少ない形式がほとんどです。
お別れ会は通常、家族や親族だけで家族葬のような小さな葬儀・告別式を終え火葬を済ませた後に、改めて送別会を開催します。
一般的には葬儀・告別式の後、2週間から2ヶ月間ほど経ってから行われたり、法要のタイミングでお別れ会を開く方も増えています。
故人と親しかった友人や知人が主に参加します。
お別れ会は一般的な葬儀とは違い、故人の社会的な立場や生前の交友関係を大きく反映した式です。
限られた時間で開かれる一般の葬儀と異なり少し時間をかけてでも、故人の個性を偲びながら感謝の想いを伝えたり、功績をたたえたりすることが出来るのも特徴です。
関係者が故人に弔意を示す場を作る機会ともなるのです。
規模も様々で小規模のものから有名人などがファンの皆さんを呼ぶといういうような大規模のものまで実例があります。
規模にあわせて会場を選ぶことが出来、故人を偲ぶためなら音楽や花などを用いて自由で形式にとらわれない会とすることも可能です。
近代のニーズに沿った新しい葬儀の形です。