新しいお葬式のかたち「お別れ会」とは

お別れ会のマナー

お別れ会のマナーの写真

案内状が届いたら確認できる点がいくつかあるものです。
案内状によく「ご来臨の際は平服にてお越しくださいますようお願い申し上げます」などの一文が添えられていることがあります。
ホテルなどで行なわれる場合には多くの場合こうした記載が見られます。
平服とはいえ、普段着のことではありません。
平服というのは正装ほどではないきちんとした服装の事を言います。
男性でしたら、ワイシャツは無地の白にし、小物は黒にまとめるなど派手ではないものを選び、ダークな色のスーツを用いた方が良いでしょう。
女性も男性と同様です。
派手にならない服装を選び、髪型やメイクについてもシンプルなものが適切です。
さらに、案内状に「香典・供物の儀は辞退申し上げます」と書かれている場合には、香典を持参したり、供物や供花を届けたりするのはマナー違反となります。
一般の葬儀では受付で「このたびはご愁傷さまです。
」と挨拶しますが、お別れ会は故人が無くなってからかなり日数が経って開催されるものですので、「このたびはお招きいただき、恐れ入ります」など、招待に感謝の気持ちを表わすようにし、過度なお悔やみの言葉を述べる必要はありません。
当然のことながら会場で大きな声で会話したり、大声で笑ったりすることは控えましょう。
お勧めしたいのは、主催者側のご遺族にこの会に来ることが出来て良かった。
素晴らしい会だったことをお伝えすると、慰めとなり引き続き良い関係を築いていくことができるでしょう。

市川市での葬儀はグランドセレモニー

市川市では家族葬や一日葬、火葬式など多種多様なタイプの葬儀が行われています。市川市での葬儀でよく利用される火葬場は市川市斎場です。また、市川市外では浦安市斎場、馬込斎場などもあります。

市川市で火葬場を併設しない葬儀場では、市川市塩浜の市川市塩浜斎場や市川市本行徳にある徳願寺などもあります。

市川市で葬儀をされる方は市川市の葬儀社グランドセレモニーがおすすめです。まずは無料の電話相談をご利用ください。途中キャンセルは無料です。