新しいお葬式のかたち「お別れ会」とは

お別れ会のおおまかな流れ

お別れ会のおおまかな流れの写真

お別れ会の大まかな流れは一般的な葬儀のように、まずは関係者、参加者が受付を済ませます。
そして会場に入り、参加者が献花を行います。
献花のタイミングは会によって異なりますが、ここで参加者がお花を祭壇等に供えます。
その後、黙とうをし、故人の人生や家族との思い出、関係者との交友などを紹介し故人が生前に好きだった音楽を流したり、映像を流したりして故人を偲びます。
そして、弔辞者が故人へのお別れの言葉を述べ、弔電が披露されます。
最後に遺族の代表者がお別れ会参加者への御礼の挨拶をして会が終わり、その後、会食などが行われます。
会食では故人の好物や出身地の食べ物だったり、昔一緒に食べた思い出の料理やお酒などが準備される場合があります。
おおまかな流れはこのようなものですが、会場や演出によって異なってきます。
宗教的な儀式を重視したお別れ会から、会食を重視したお別れ会もあり、前もって案内状が送られますので、主催者側の意向をある程度汲みとって事前に心構えをしておく必要があります。
主催者側は何度も打ち合わせし、故人への思いや要望をもとにコンセプトを決定するために数週間もしくは長い場合は何か月も準備しています。
お別れ会を「やってよかった」と思える会にするためには参加者一人一人の気遣いや心配りが必要です。
故人との大切な思い出を心から取り出し感謝の気持ちを示せるように参加する側は故人との思い出を整理しておきましょう。

市川市での葬儀はグランドセレモニー

市川市では家族葬や一日葬、火葬式など多種多様なタイプの葬儀が行われています。市川市での葬儀でよく利用される火葬場は市川市斎場です。また、市川市外では浦安市斎場、馬込斎場などもあります。

市川市で火葬場を併設しない葬儀場では、市川市塩浜の市川市塩浜斎場や市川市本行徳にある徳願寺などもあります。

市川市で葬儀をされる方は市川市の葬儀社グランドセレモニーがおすすめです。まずは無料の電話相談をご利用ください。途中キャンセルは無料です。